fc2ブログ

Nord et sud de la Méditerranée - 地中海の北と南

Nord et sud de la Méditerranée
~地中海の北と南~


常味裕司 (Oud)
花井尚美 (歌)
西田ひろみ (Violin)
立岩潤三 (Perc)

2020年12月17日(木)
開場18:30/開演19:00

Charge:¥3000(1d付き)

四谷喫茶茶会記
新宿区大京町2-4 1F
03-3351-7904

ご予約 : reservetanc@gmail.com
(メールの件名は sakaiki1217 としてください)

※ソーシャルディスタンスのため15名限定
※ マスクの着用にご協力をお願い致します
※ カフェスペースは営業中、いつでもご利用いただけます。

**********************************************************
日本におけるアラブ音楽の第一人者ウードの常味裕司さんとは何回も共演させていただいていますが、今回はこちらもアラブ音楽のスペシャリストのヴァイオリン西田ひろみさんと、パーカッションの立岩潤三さんとの本格的なアラブ音楽のユニットとご一緒させていただきます!
悠久の時を経て今もなお伝統的なアラベスクが生きているアラブの音楽、体系化したのは随分と後になってから、カイロで国際会議が行われた際ヨーロッパからヒンデミットなどの作曲家達も参加したそうです。そこで歌ったのが当時28歳のウンム・クルスーム、アラブ圏では知らない人はいない超天才ディーバです。今回は彼女の名曲に初挑戦することになり猛勉強中😅です。

アラブ音楽を初めて聴いたとき、あの不思議な音程(微分音)はなんだろう?? が始まりでした。
関連本を買って読むとそこには一音が9分割される!という衝撃の理論があったのです。
実際の演奏ではそこまで厳密にではないものの、旋法によって音を使い分けるという繊細な感覚が存在したことに感動したのを覚えています。そして西洋の中世からルネサンス、バロック期の発展を感じて歌ってきた私には基本的に和音がないことも同時に驚きでした。それは単旋律が単旋律でありながらアラベスク的な装飾やリズムなどによって限りなく広がる世界なのでした。

最近は思うのです。アラブ音楽を歌っていると、グレゴリオ聖歌などのネウマ譜で音を辿った時の感覚に非常に似ていると。
一つ一つに分かれて書かれている現代の音符は音程やリズムが明確に分かり音楽に不可欠かつ便利なわけですが、音がバラバラになってしまっているじゃないですか(笑)

でも実際に歌う時は、当たり前ですが、音や息は繋がっています。どう歌うのかが視覚的にも表現されているのがネウマ譜ですね。だから思っているより音楽はもっと近いのではないかと。(ちなみにアラビア文字を学び始まった時は殆どネウマじゃん!と思ったものです😅)

そこで今回はアラブ音楽と西洋音楽が出逢った証としても知られているカンティガス・デ・サンタマリアもウンム・クルスームの現代も親しまれる歌謡曲も、相応しい魅力的な楽器演奏と共に歌わせていただき、またどんな発見があるかワクワクしています。

私の尊敬する師匠レベッカ・ステュアートが推奨する古楽の旋法的(モーダル)な歌い方は口伝される民族音楽に生き続けていることから私自身も世界のあらゆる音楽を学びました。帰国前の最後のレッスンの時シタールを弾きながらインドの歌を歌ってくれました。一度も民族音楽を学ぶように勧められたことはありませんでしたが。今思えばはなむけの歌のようでした。

こんな時代ですが“音楽が出逢った時”を見届けていただけたらありがたく、幸せです。

(花井尚美)

2017Arab
スポンサーサイト



第4回デュファイ祭 出演者と演奏曲

第4回 デュファイ祭 出演者と演奏曲

ギョーム・デュファイ Guillaume Du Fay (1397?-1474)

第1部

1. Sprezzatura(スプレッツァトゥーラ)
Ave regina coelorum 幸いなるかな天の女王

2. Fleurs des champs(フルール・デ・シャン)
Jesu corona Virginum 乙女たちの冠なるイエスよ
Lamentatio sanctae Matris Ecclesiae Constantinopolitanae コンスタンティノープル教会の聖母の嘆き

3. 宮崎和美 酒井布美子 小坂理江 (賛助出演・ゴシック・ハープ)
Par droit je puis bien complaindre et gemir わが心の こよなく愛しい人よ
Ma plus mignonne de mon cueur 私が嘆き 呻くのも むりからぬところ

4. ド・リーフデ De liefde nuit et jour 花井尚美・指導
Je me complains piteusement 哀れにもわが身を嘆き
Ma belle dame souvrainne 私の気高く美しい人よ

5. ぽりぽりーず
Ave regina coelorum 幸いなるかな天の女王

休 憩 (10分)

第2部 「ギョーム・デュファイのシャンソン」 

お話:今谷和徳

花井尚美 (歌)
富本泰成 (歌)
坪田一子 (中世ヴィエール)
邊保陽一 (リコーダー)
小坂理江 (ゴシック・ハープ)

1. Ce jour de l’an voudray joye mener 新玉の年を迎えて 楽しもうよ
2. Pouray je avoir vostre mercy? 果してあなたのお恵みが得られましょうか
3. La belle se siet au piet de la tour 美しい乙女は 塔の下に坐り
4. Réveillez vous et faites chier 目を覚ましなさい そして晴れやかな顔をして
5. Adieu ces bon vin de Lannoys さようなら ランの美きかの酒よ
6. Ce moys de may soyons lies et joyeux 月は五月 いざ楽しもう 心も軽く

第3回 デュファイ祭

第3回 デュファイ祭
2018年8月5日(日) 16時開演 (15時40分開場)
日本聖公会 神田キリスト教会

第1部:参加者による演奏

1.   Sprezzatura(スプレッツァトゥーラ)
斉藤基史 斉藤ひとみ 斎藤卓 斎藤美貴
Gaude virgo, Mater Christi     喜べ乙女、キリストの母よ

2.   よつばのクローバー
鈴木照江 武晶子 山下ひろ子 井桁光恵 田中れい子 *賛助出演:櫻井元希
Ave maris stella  めでたし、海の星
Ma plus mignonne de mon cuere  わが心のこよなく愛しい人よ
La belle se siet au piet de la tour  美しい女性は塔の下に座り

3.   Fleurs des champs(フルール・デ・シャン)
大堀基己 岡澤崇 大須賀沙織 桑原佐代子 島田恵子 鈴木淳 村井信吾 
Conditor alme siderum  星々の創り主よ
Urbs beata Jerusalem  幸いなる都エルサレム

4.Palpita ( パルピータ )
稲葉依子 加藤美伸 神谷晴奈 寺崎淳子 増田陽子 渡部恭子
Missa L’homme Arme "Kyrie" "Agnus Dei"      
ミサ「ロム・アルメ」より キリエ・アニュス デイ
Missa Sancti Antonii de Padua et Sancti Francisci
Offertorium " Veritas mea "
ミサ「パドヴァの聖アントニウス」より奉献唱「我が真実」

5.ハラヤヨ あなぐま メレンゲ
ハラヤヨ(歌)、あなぐま(リコーダー、歌)、メレンゲ(中世フィドル)
Resvelons nous  さあ起きて花を摘みに行こう
Adieu ces bons vins  さようなら ランのおいしいワイン
Vergene bella  うるわしの乙女

6. ド・リーフデ
相川伸子 井桁光恵 大谷尚子 島田恵子 武晶子 田中れい子 
歳森今日子 宮崎和美 山下理枝子 
賛助出演:安邨尚美 櫻井元希 
花井尚美・指導                
Alma redemptoris MaterⅡ  救い主を育てた母
Pouray je avoir vostre mercy  あなたの慈悲が得られるでしょうか

第2部:「ギョーム・デュファイの楽譜」お話:花井哲郎  
         クーロジング・コンサート 
出演:ヴォーカル・アンサンブル カペラ
花井尚美 安邨尚美 富本泰成 及川豊 櫻井元希
花井哲郎(音楽監督 Maestro di Cappella)

Ballade "Resvellies vous"  バラード「目を覚ましなさい」
Missa Resvellies vous  -Kyrie  ミサ《目を覚ましなさい》より キリエ
"Nuper rosarum flores" 「ばらの花が先頃」
"Ave regina caelorum"  「めでたし 天の元后」
Missa Ave regina caelorum  -Agnus dei
ミサ《アヴェ・レジーナ・チェロールム》より アニュス・デイ

初期ルネサンスを代表する作曲家ギョーム・デュファイ(1397-1474)の誕生日に彼の作品ばかり演奏するデュファイ祭、おかげさまで3回目の開催となります。昨年は様々な演奏家による個性溢れる魅力的なデュファイを沢山聴く事が出来ました。参加して頂いた方々に感謝申し上げます。今年もこの機会に、まだ聴いたことのない演奏したことのない作品に触れてみませんか。演奏することで新鮮な発見、和声感覚の萌芽や躍動するリズムなど身体で感じていただける事と思います。
今年はフランドルの音楽を専門に活動しているヴォーカルアンサンブル・カペラの演奏と音楽監督・花井哲郎氏のお話しにより、デュファイの作風の変化なども、お楽しみいただけます。東京神田の電気街にそびえる神田キリスト教会、その扉の向こうでは600年前のヨーロッパの教会や宮廷の美しい音楽が!(花井尚美)

入場料 前売3500円 学生2500円 当日4000円 (全自由席)
チケット取り扱い 東京古典楽器センター 03-3952-5515 (チケット郵送可)

お申込・お問い合わせ
info.naomiconcert@gmail.com

企画・主催:デュファイ祭プロジェクト (花井尚美) 
協力:㈱フォンス・フローリス

2ème La fête Du fay 第2回デュファイ祭 開催 !!

8月5日(土) に第2回デュファイ祭を開催します。


初期ルネサンスを代表する作曲家ギョーム・デュファイ(1397-1474)の620回目の誕生日とされる8月5日に記念祭を開催します。昨年、第1回が開催され好評を呼びましたが、第2回となる今回は、一般公募参加者によるデュファイ演奏、日本を代表するルネサンス音楽学者・金澤正剛氏によるデュファイについてのお話し、アントネッロと花井尚美が共演するクロージング・コンサートという盛りだくさんな内容となります。大勢の方のご参加をお待ちしております


2017年8月5日(土) 14時開演 (13時30分開場)
ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会 エクレシアホール
(新宿区百人町1-17-8 JR「大久保」「新大久保」駅・徒歩3分・地下の部屋です)

*当初予定の部屋から変更になりました


第1部:参加者による演奏
第2部:「ギョーム・デュファイの生涯と音楽」(お話し:金澤正剛)
第3部:クロージング・コンサート
出演:花井尚美(歌) アントネッロ(濱田芳通・石川かおり・西山まりえ)


入場料 前売3500円 学生2500円 当日4000円 (全自由席・60席限定)


チケット販売 東京古典楽器センター 03-3952-5515 (チケット郵送可)

お問い合わせ info.naomiconcert@gmail.com


企画・主催 デュファイ祭プロジェクト620 (花井尚美)


続きを読む

La méditerranée 地中海 〜 東西音の十字路

La méditerranée 地中海 〜 東西音の十字路 〜

2016年9月1日(木) 19:15開演 (18:45開場)
近江楽堂(初台・東京オペラシティ3階)

前売4000円 前売ペア7400円 当日4500円 学生2500円 (全席自由・90名限定)

花井尚美(歌)
常味裕司(ウード)
高本一郎(リュート&アーリーギター)

【チケット】東京古典楽器センター 03-3952-5515

【主催・お問合せ】花井尚美リサイタル実行委員会 E-mail info.naomiconcert@gmail.com

【コンサートについて】
"私の心のために歌を歌いましょう"(Guiot de dijon)
二つの世界をつなぐ地中海をテーマに、同じ起源を持つウードとリュートでそれぞれの楽器の特徴、音楽の違いを生かし合い奏でる音の十字路に誘います。繊細で美しい西洋古楽とアラブの音楽、そして残暑の残る東京で地中海の風薫りを味わえる高本氏作曲の「マルタクロス」もお楽しみください。( 花井 尚美 )

【演奏曲目】
コノン・ド・ベチューヌ(1150頃-1219/20)Conon de Béthune ああ、愛よ! "Ahi Amours!"
ギロー・ド・ボルネーユ(1138年頃-1215)Guiraut de Bornelh 栄光の王、真実の光と清らかさ "Reis gloriose Giraut de borneill"
聖母マリア頌歌より(13世紀スペイン)Las Cantigas de Santa Maria
56番 大いなるべきかな おとめの奇跡の美しさ "Gran dereit' é de seer"
166番 人々は罪によって "Como poden per sas culpas"
作者不詳(15世紀イタリア) 舞曲アモローゾ Amoroso
ムハマンド・アブドゥル・ワッハーブ(1902-1991)Mohammed Abdel Wahab 私の人生に起こった全てのこと "Kull da kan leh" 
ローヒー・ハマンシェ(イラク) サマーイ・ヒジャーズ・カル・クルド Sama'i Hijaz Kar Kurd  (ウードソロ)
トルコ伝統音楽 ジャスミンの花束 "Bir demet jasmen" 
高本一郎 マルタクロス 東方のシャコンヌ ほか


160705-La Méditerranée 表面mini 160705-La Méditerranée 裏面mini

花井尚美(歌)     
尚美001mini 

常味裕司(ウード)      高本一郎(リュート&アーリーギター) 
 常味高本一郎

 
sidetitleプロフィールsidetitle

花井尚美コンサート事務局

Author:花井尚美コンサート事務局
花井尚美のコンサート・ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR