fc2ブログ

Nord et sud de la Méditerranée - 地中海の北と南

Nord et sud de la Méditerranée
~地中海の北と南~


常味裕司 (Oud)
花井尚美 (歌)
西田ひろみ (Violin)
立岩潤三 (Perc)

2020年12月17日(木)
開場18:30/開演19:00

Charge:¥3000(1d付き)

四谷喫茶茶会記
新宿区大京町2-4 1F
03-3351-7904

ご予約 : reservetanc@gmail.com
(メールの件名は sakaiki1217 としてください)

※ソーシャルディスタンスのため15名限定
※ マスクの着用にご協力をお願い致します
※ カフェスペースは営業中、いつでもご利用いただけます。

**********************************************************
日本におけるアラブ音楽の第一人者ウードの常味裕司さんとは何回も共演させていただいていますが、今回はこちらもアラブ音楽のスペシャリストのヴァイオリン西田ひろみさんと、パーカッションの立岩潤三さんとの本格的なアラブ音楽のユニットとご一緒させていただきます!
悠久の時を経て今もなお伝統的なアラベスクが生きているアラブの音楽、体系化したのは随分と後になってから、カイロで国際会議が行われた際ヨーロッパからヒンデミットなどの作曲家達も参加したそうです。そこで歌ったのが当時28歳のウンム・クルスーム、アラブ圏では知らない人はいない超天才ディーバです。今回は彼女の名曲に初挑戦することになり猛勉強中😅です。

アラブ音楽を初めて聴いたとき、あの不思議な音程(微分音)はなんだろう?? が始まりでした。
関連本を買って読むとそこには一音が9分割される!という衝撃の理論があったのです。
実際の演奏ではそこまで厳密にではないものの、旋法によって音を使い分けるという繊細な感覚が存在したことに感動したのを覚えています。そして西洋の中世からルネサンス、バロック期の発展を感じて歌ってきた私には基本的に和音がないことも同時に驚きでした。それは単旋律が単旋律でありながらアラベスク的な装飾やリズムなどによって限りなく広がる世界なのでした。

最近は思うのです。アラブ音楽を歌っていると、グレゴリオ聖歌などのネウマ譜で音を辿った時の感覚に非常に似ていると。
一つ一つに分かれて書かれている現代の音符は音程やリズムが明確に分かり音楽に不可欠かつ便利なわけですが、音がバラバラになってしまっているじゃないですか(笑)

でも実際に歌う時は、当たり前ですが、音や息は繋がっています。どう歌うのかが視覚的にも表現されているのがネウマ譜ですね。だから思っているより音楽はもっと近いのではないかと。(ちなみにアラビア文字を学び始まった時は殆どネウマじゃん!と思ったものです😅)

そこで今回はアラブ音楽と西洋音楽が出逢った証としても知られているカンティガス・デ・サンタマリアもウンム・クルスームの現代も親しまれる歌謡曲も、相応しい魅力的な楽器演奏と共に歌わせていただき、またどんな発見があるかワクワクしています。

私の尊敬する師匠レベッカ・ステュアートが推奨する古楽の旋法的(モーダル)な歌い方は口伝される民族音楽に生き続けていることから私自身も世界のあらゆる音楽を学びました。帰国前の最後のレッスンの時シタールを弾きながらインドの歌を歌ってくれました。一度も民族音楽を学ぶように勧められたことはありませんでしたが。今思えばはなむけの歌のようでした。

こんな時代ですが“音楽が出逢った時”を見届けていただけたらありがたく、幸せです。

(花井尚美)

2017Arab
スポンサーサイト



第4回デュファイ祭 出演者と演奏曲

第4回 デュファイ祭 出演者と演奏曲

ギョーム・デュファイ Guillaume Du Fay (1397?-1474)

第1部

1. Sprezzatura(スプレッツァトゥーラ)
Ave regina coelorum 幸いなるかな天の女王

2. Fleurs des champs(フルール・デ・シャン)
Jesu corona Virginum 乙女たちの冠なるイエスよ
Lamentatio sanctae Matris Ecclesiae Constantinopolitanae コンスタンティノープル教会の聖母の嘆き

3. 宮崎和美 酒井布美子 小坂理江 (賛助出演・ゴシック・ハープ)
Par droit je puis bien complaindre et gemir わが心の こよなく愛しい人よ
Ma plus mignonne de mon cueur 私が嘆き 呻くのも むりからぬところ

4. ド・リーフデ De liefde nuit et jour 花井尚美・指導
Je me complains piteusement 哀れにもわが身を嘆き
Ma belle dame souvrainne 私の気高く美しい人よ

5. ぽりぽりーず
Ave regina coelorum 幸いなるかな天の女王

休 憩 (10分)

第2部 「ギョーム・デュファイのシャンソン」 

お話:今谷和徳

花井尚美 (歌)
富本泰成 (歌)
坪田一子 (中世ヴィエール)
邊保陽一 (リコーダー)
小坂理江 (ゴシック・ハープ)

1. Ce jour de l’an voudray joye mener 新玉の年を迎えて 楽しもうよ
2. Pouray je avoir vostre mercy? 果してあなたのお恵みが得られましょうか
3. La belle se siet au piet de la tour 美しい乙女は 塔の下に坐り
4. Réveillez vous et faites chier 目を覚ましなさい そして晴れやかな顔をして
5. Adieu ces bon vin de Lannoys さようなら ランの美きかの酒よ
6. Ce moys de may soyons lies et joyeux 月は五月 いざ楽しもう 心も軽く

第4回デュファイ祭・出演者

(お話し)
今谷和徳
音楽史家。1945年生まれ。早稲田大学第一法学部卒業、同大学院文学研究科(西洋史専攻)博士後期課程単位取得満期退学。長年にわたり、早稲田大学、慶應義塾大学をはじめとする多数の大学で講師を歴任。現在、早稲田大学の公開講座の講師や各種レクチャーの講師、NHKのFM放送への出演など、多方面で活動。専門は西洋音楽史。著書に『バロックの社会と音楽・上下』(音楽之友社)、『ルネサンスの音楽家たちI、II』(東京書籍)、『新版 中世・ルネサンスの社会と音楽』(音楽之友社)、共著に『フランス音楽史』(春秋社)ほか。

(出演者)
富本泰成 (歌)
東京芸術大学音楽学部声楽科を卒業。大学卒業後は発声という運動をより科学的・解剖学的な視点から考えるために、さまざまなメソッドから学ぶ。Vocology in Practiceの小久保よしあき氏、Estill Voice Trainingの稲幸恵氏、ヴォイトレ・マスター®️メソッドのMasayo Yamashita氏に発声を師事。古楽演奏を花井哲郎氏、アカペラ・アンサンブルのハーモニー理論を犬飼将博氏、合唱指揮を柳嶋耕太の各氏に師事。
富本 プロフィール写真

坪田一子 (中世ヴィエール)
国立音楽大学楽理学科卒業。ヴィオラ・ダ・ガンバを神戸愉樹美氏に師事。コンソー トやバロック・アンサンブルの他、中世フィーデルを演奏し活動の幅をひろげている。 上野学園中学校・高等学校、国立音楽大学非常勤講師。
坪田一子 プロフィール写真

邊保陽一 (中世リコーダー)
筑波大学卒業後渡欧。スペイン、カタルーニャ高等音楽院を経て、スイス政府奨学生としてチューリッヒ芸術大学大学院に学びデュプロマを取得、最優秀の成績で卒業。リコーダーを向江昭雅、ペドロ・メメルスドルフ、ケース・ブッケの各氏に師事。今年8月にはフランスバロックをテーマとしたリサイタルツアーを、また12月にはブッケ氏とCD「DUO~神に捧げるデュオ~」発売記念コンサートを予定。
辺保陽一ブログ
辺保さんプロフィールed

小坂理江 (ゴシック・ハープ)
吟遊詩人の洗練された旋律やアルス・ノヴァなどの多彩で豊かな響きに出会い、中世・ルネサンス音楽に傾倒する。ロンドンのトリニティ音楽院古楽科にて古楽声楽を、また奨学金を得てギルドホール音楽演劇学校大学院古楽科に入学し古楽ハープをアンドリュー・ローレンス=キング氏の元で学び修士号取得。更なる研鑽のため演奏活動とハープ講座の開催に努めている。
小坂理江・公式サイト
小坂理江 プロフィール写真

第4回デュファイ祭

第4回 デュファイ祭
2019年8月5日(月) 午後7時開演 (6時30分開場)
近江楽堂 東京都新宿区西新宿3-20-2 
【京王新線・初台駅東口(オペラシティ方面)出口から徒歩3分】

第1部:参加者による演奏
第2部:ギョーム・デュファイのシャンソン
お話し:今谷和徳
演 奏:花井尚美 富本泰成 (歌)  坪田一子 (中世ヴィエール) 
邊保陽一 (リコーダー)    小坂理恵 (ゴシック・ハープ)

« 歌い踊り思いっきり楽しもう!デュファイのお願いです »(五月の歌より)
ロンドー、ヴイルレ、バラードなど定型で書かれたデュファイのシャンソンの多くは12世紀トゥルバドゥールに始まった宮廷風恋愛がテーマですが、新年の歌や五月の歌、結婚式の歌そしてワインの歌なども書きました。
バラエティに富んだデュファイのシャンソンについて今谷和徳氏のお話を演奏付きでお届けします。さあ、今年も思い切りデュファイを楽しみましょう!
(花井尚美)

入場料 前売3500円 学生2500円 当日4000円【全自由席】
チケット取り扱い 東京古典楽器センター 03-3952-5515 (チケット郵送可)
お問い合わせ  Tel・Fax 03-6908-2458(平日10時-18時)
メール   info.naomiconcert@gmail.com

企画・主催:デュファイ祭プロジェクト (花井尚美) 

Sweet Swing Paradise ~ 時空の旅

Sweet Swing Paradise ~ 時空の旅       

2018年9月17日(月・祝) えびらホール 16時開演      

花井尚美(歌)
IBUKI(ギター)
藤井良行(サズ)

主催 Sweet Swing Paradise
-----------------------------------------------
西洋古楽の歌姫
ジャズ・マヌーシュの新星
トルコの吟遊詩人
異色の3人が織りなす古くて新しい音楽

プログラム

1.    月の娘  Aygız (ゼイナル・ジャッバルザーデ作詞/ジャハンギル・ジャハンギロフ作曲) 

2.    ジャスミンの樹の下で Taht el Yasmina fellil Hédi Jouni(トルコ古典歌曲) 

3.    サズ独奏 

4.    アカシアの花が咲く頃 Akasyalar Açarken (イェサ-リ・アスム・アルソイ) 

5.    ニハベント・ロンガ Nihavend Longa (ケマニ・ケヴセル・ハニム) 

6.    異邦人  (久保田早紀)

 ~ 休 憩 ~

 7.    ギター独奏 

8.    薔薇色の人生La vie en rose (エデット・ピアフ作詞/ルイギ作曲)

9.    今宵ただ一人 Je suis seule ce soir (ポール・デュラン)

10.  花の蕾が開くのを見た時 Quant voi la flor nouvele (作者不詳)

11.  オブリビオン(忘却) Oblivion (アストル・ピアソラ)

12.  想い出のソレンツァラ Solenzara (エンリコ・マシアス)

 

〔曲目は変更されることがあります〕

チケット料金
前売 ¥3.500 当日 ¥4.000 学生 ¥2.500

会場「えびらホール」(東急池上線「旗の台」駅より徒歩6分)
※プライベート会場のため、ご予約の方にのみ所在地をお伝えしております

お申し込み先  dufay703@gmail.com (花井) fev3kalaaptal@gmail.com (藤井)



sidetitleプロフィールsidetitle

花井尚美コンサート事務局

Author:花井尚美コンサート事務局
花井尚美のコンサート・ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR