FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sweet Swing Paradise ~ 時空の旅

Sweet Swing Paradise ~ 時空の旅       

2018年9月17日(月・祝) えびらホール 16時開演      

花井尚美(歌)
IBUKI(ギター)
藤井良行(サズ)

主催 Sweet Swing Paradise
-----------------------------------------------
西洋古楽の歌姫
ジャズ・マヌーシュの新星
トルコの吟遊詩人
異色の3人が織りなす古くて新しい音楽

プログラム

1.    月の娘  Aygız (ゼイナル・ジャッバルザーデ作詞/ジャハンギル・ジャハンギロフ作曲) 

2.    ジャスミンの樹の下で Taht el Yasmina fellil Hédi Jouni(トルコ古典歌曲) 

3.    サズ独奏 

4.    アカシアの花が咲く頃 Akasyalar Açarken (イェサ-リ・アスム・アルソイ) 

5.    ニハベント・ロンガ Nihavend Longa (ケマニ・ケヴセル・ハニム) 

6.    異邦人  (久保田早紀)

 ~ 休 憩 ~

 7.    ギター独奏 

8.    薔薇色の人生La vie en rose (エデット・ピアフ作詞/ルイギ作曲)

9.    今宵ただ一人 Je suis seule ce soir (ポール・デュラン)

10.  花の蕾が開くのを見た時 Quant voi la flor nouvele (作者不詳)

11.  オブリビオン(忘却) Oblivion (アストル・ピアソラ)

12.  想い出のソレンツァラ Solenzara (エンリコ・マシアス)

 

〔曲目は変更されることがあります〕

チケット料金
前売 ¥3.500 当日 ¥4.000 学生 ¥2.500

会場「えびらホール」(東急池上線「旗の台」駅より徒歩6分)
※プライベート会場のため、ご予約の方にのみ所在地をお伝えしております

お申し込み先  dufay703@gmail.com (花井) fev3kalaaptal@gmail.com (藤井)



スポンサーサイト

第3回 デュファイ祭 講師・出演者

花井哲郎(ヴォーカル・アンサンブル カペラ音楽監督)


古楽演奏家。1997年以来ア・カペラの声楽アンサンブルである「ヴォーカル・アンサンブル カペラ」の音楽監督としてグレゴリオ聖歌とルネサンス音楽の演奏を続ける。CDアルバムではジョスカン・デ・プレのミサ曲全集シリーズを好評リリース中。また声楽と器楽による「古楽アンサンブル コントラポント」のリーダーとして、主にバロック時代の宗教音楽演奏に取り組み、2016年にはOttava Recordsレーベル第1弾としてモンテヴェルディ「聖母の夕べの祈り」のライブ録音をリリースする。2015年より長野県の原村で「はらむら古楽祭」を企画開催、指揮者またオルガン、チェンバロ奏者として演奏会を行う。フランス・バロック宗教音楽を専門とする「合唱団フォンス・フローリス」指揮者、また様々な古楽アンサンブルの指揮、指導を行う。「フォンス・フローリス古楽院」院長、国立音楽大学講師。



ヴォーカル・アンサンブル カペラ


1997年創設。グレゴリオ聖歌とルネサンス・フランドル楽派の音楽を始めとして、ルネサンスの様々な宗教作品の演奏に取り組んでいる。メンバーは古楽を専門とする声楽家。

宗教曲本来の場であるミサなど歴史的な典礼的枠組みを尊重し、楽譜はすべて15、6世紀に書かれた計量記譜法によるオリジナル譜を用い、時代様式にふさわしい発音や発声法を追求することで、作品の価値が最大限に発揮されるような演奏を行い、心と魂の安らぎ、癒しの響きを実現できるよう努めている。

ルネサンスの巨匠ジョスカン・デ・プレには特に力を入れ、そのミサ曲全曲を演奏。2001年以来11枚のCDをリリース、「レコード芸術」誌・特選盤などに選ばれている。ジョスカン・デ・プレのミサ曲全集も進行中。

2015年第27回ミュージック・ペンクラブ音楽賞「室内楽・合唱音楽部門賞」受賞。

【公式ウェブサイト】 http://www.cappellajp.com/




第3回 デュファイ祭

第3回 デュファイ祭

2018年8月5日(日) 16時開演 (15時40分開場)
日本聖公会 神田キリスト教会
東京都千代田区外神田3-5-11 
(JR「秋葉原」「秋葉原」徒歩7分・東京メトロ「末広町」徒歩2分)
http://www.nskk.org/tokyo/church/map_html/kanda_m.htm

第1部:参加者による演奏
第2部:「ギョーム・デュファイの楽譜」(お話し:花井哲郎)
    クロージング・コンサート (デュファイのミサ曲抜粋・モテット)
出演:ヴォーカル・アンサンブル カペラ
演奏曲・ギョーム・デュファイ
・バラード「目を覚ましなさい」Ballade "Resvellies vous"
・ミサ《目を覚ましなさい》より キリエ Missa Resvellies vous - Kyrie
・「ばらの花が先頃」"Nuper rosarum flores"
・「めでたし 天の元后」"Ave regina caelorum"
・ミサ《アヴェ・レジーナ・チェロールム》より アニュス・デイ
Missa Ave regina caelorum - Agnus dei

初期ルネサンスを代表する作曲家ギョーム・デュファイ(1397-1474)の誕生日に彼の作品ばかり演奏するデュファイ祭、おかげさまで3回目の開催となります。昨年は様々な演奏家による個性溢れる魅力的なデュファイを沢山聴く事が出来ました。参加して頂いた方々に感謝申し上げます。今年もこの機会に、まだ聴いたことのない演奏したことのない作品に触れてみませんか。演奏することで新鮮な発見、和声感覚の萌芽や躍動するリズムなど身体で感じていただける事と思います。
今年はフランドルの音楽を専門に活動しているヴォーカルアンサンブル・カペラの演奏と音楽監督・花井哲郎氏のお話しにより、デュファイの作風の変化なども、お楽しみいただけます。東京神田の電気街にそびえる神田キリスト教会、その扉の向こうでは600年前のヨーロッパの教会や宮廷の美しい音楽が!(花井尚美)

入場料 前売3500円 学生2500円 当日4000円 (全自由席)

チケット取り扱い 東京古典楽器センター 03-3952-5515 (チケット郵送可)

お申込・お問い合わせ
info.naomiconcert@gmail.com
 (演奏参加は締め切りました)

続きを読む

第2回デュファイ祭・演奏曲 (最終)

第2回デュファイ祭・演奏曲 (最終版)です。明日は、当日券ございます。13時20分から発売開始予定。多くの方のご来場をお待ちしております。

公演詳細→ こちらをご覧ください

 

ギョーム・デュファイ(1397?-1474)

 

1

 

1.   ド・リーフデ

 

相川伸子 井桁光恵 大谷尚子 岡村信子 島田恵子 武晶子 田中れい子

前田りり子 山下理枝子 *賛助出演:安邨尚美 根岸一郎

 

Ave maris stella            めでたし、海の星

Veni sancte spiritus           来て下さい、聖霊

Ma plus mignonne de mon cuere  わが心のこよなく愛しい人よ

Anima mea lique facta es  私の魂は溶けてしまいました

 

2.   竪琴×横笛

 

山田豊(中世フルート) 斉藤ひとみ(ゴシック・ハープ)

*賛助出演:前田りり子(中世フルート)

 

Bon jour Bon mois Bon an  良き日,良い月

Se la face ay pale  私の顔が蒼いのは

 

3.   Sprezzatura(スプレッツァトゥーラ)

 

斉藤基史 斉藤ひとみ 斎藤卓 斎藤美貴

 

ミサ "Se la face ay pale"より サンクトゥス

 

4.   Fleurs des champs(フルール・デ・シャン)

 

島田恵子 大須賀沙織 大堀基己

 

Ave Regina cælorum めでたし、天の元后

Flos Florum 花の中の花

 

5.Triste plaisir(トゥリステ・プレジール)

 

池田修(リコーダー) 小暮容子() コーネル久美子(リコーダー)

なかやまはるみ(テナー・ヴィオール)

 

Par droit je puis      私が嘆き呻くのもむりからぬところ

Vergene bella           美しい処女

Se la face ay pale      私の顔が蒼いのは


6Mariage des fleurs(花のマリアージュ)

 

井上樹(モーリッシュ・ルバーブ) 砂川巴奈歌 (トレブル・ガンバ)

塚原真里子(ルネサンス・ハープ) 樋口麻理子() 渡辺マリ(ヴィエル)

 

Ma belle dame souveraine   美しく、この上なく優れた方よ

Lamentatio sanctae matris ecclesiae Constantinopolitanae 

             コンスタンティノープルの聖母教会の嘆き

 

[特別出演]

 

7.及川豊 根岸一郎() 新井道代(ルネサンス・フルート) 

坪田一子(フィーデル) ルネ・ジェニス=フォルジャ(リュート) 

夏山美加恵 (リーダー・歌)

 

He, compaignons, resvelons nous  さあ、友よ、起きようじゃないか

 

 

2

「ギョーム・デュファイの生涯と音楽」

お話:金澤正剛

 

 

第3部

クロージング・コンサート

 

花井尚美() アントネッロ

濱田芳通(リコーダー) 石川かおり(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

西山まりえ(オルガネット・ゴシック・ハープ)

特別出演:なかやまはるみ (ルネサンス・バス・ガンバ)

 

Je languis en piteux martire 哀れな殉教者となって 病み疲れた私

Pouray je avoir vostre mercy?  あなたの慈悲が得られるでしょうか

Par le regard de vos beaux yeux  あなたの美しい眼差しを見て

La belle se siet au piet de la tout  美しい女性は塔の下に座り

Mon chier amy  (器楽演奏) 

Resvelliès vous et faites chiere lye 目を覚まし、喜ばしい顔をしなさい

 Las,que feray?ne que je devanray  

 ああ、どうしましょう、私はどうなるのでしょう?


デュファイ祭 第1部の演奏者と演奏曲のお知らせ

デュファイ祭 第1部の演奏者と演奏曲をお知らせいたします。

(演奏順は未定です)


・ド・リーフデ

(相川伸子 井桁光恵 大谷尚子 岡村信子 島田恵子 武晶子 田中れい子 前田りり子 山下理枝子)*賛助出演 安邨尚美 根岸一郎

Anima mea liquefacta est ” “Ave maris stellaほか


 

・竪琴×横笛 (山田豊 斉藤ひとみ 前田りり子)

Se la face ay pale” “Bon jour Bon mois Bon an



Sprezzatura(斉藤基史 斉藤ひとみ 斎藤卓 斎藤美貴)

ミサ "Se la face ay pale"より サンクトゥス



・Mariage des fleurs(塚原真里子 井上樹 砂川巴奈歌 樋口麻理子 渡辺マリ)

Ma belle dame souverainne 

 Lamentatio sanctae matris ecclesiae Constantinopolitanae”(コンスタンティノープルの聖母教会の嘆き)


Fleurs des champs(島田恵子 大須賀沙織 大堀基己)

Ave Regina Caelorum” “Flos florum


・Triste plaisir(池田修 小暮容子 コーネル久美子 なかやまはるみ)

Par droit je puis” Se la face ay pale” Vergene bella

 

[特別出演] 及川豊 根岸一郎 新井道代 坪田一子

ルネ・ジェニス=フォルジャ 夏山美加恵 (リーダー) 

Hé, compaignons resvelons nous



2017年8月5日(土) 14時開演 (13時30分開場)


ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会 エクレシアホール


入場料 前売3500円 学生2500円 当日4000円 (全自由席・60席限定)


チケット販売 東京古典楽器センター 03-3952-5515 (チケット郵送可・月曜休み)


お問い合わせ info.naomiconcert@gmail.com



デュファイ祭チラシ02裏ed デュファイ祭チラシ02表ed 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。